• 薬剤師転職サイト.net

病院勤務の薬剤師におすすめの転職先は?

病院薬剤師

【病院薬剤師への転職状況】


医薬分業率が60%ほどにまで進み、外来では100%院外処方という病院も増えています。

薬剤師の病院への就職・転職率は共に下降気味なようです。

採用枠はドラッグストア・調剤薬局と比較すると残念ながら狭き門です。

しかし、チーム医療の一員として臨床の最先端で勤務する病院薬剤師の役割は今後もますます期待されていきそうです。




【病院薬剤師の求人情報】

病院では薬剤師の採用を定期的には行わず、欠員が出た時のみ募集を行うケースが多いようです。

このような求人数が少なく・人気のある職種の求人は、公に求人募集をしてしまうと応募が殺到してしまう事と、求人枠がすぐに埋まってしまう事が予想されるため『転職支援サイト』などの『非公開求人』となる場合が多くなります。

転職サイトの登録・サービスの利用は無料です。複数の転職サイトに登録を行い、たくさんの情報を集める事で、希望の転職先が見つかる可能性が広がりますよ。

病院や診療所で働かれている薬剤師の方の数も多いです。


薬局に次いで2番目に多いと言われています。


他の職場にくらべたら、病院の薬剤師の仕事はやや条件が悪いです。


年収も普通の薬剤師の年収よりも低いし、勤務時間も夜勤があったりして長いです。


おまけに休日の数も少なめです。


でも病気の患者さんと向き合えるという魅力もあります。


大学で学んだ薬の知識を、臨床の現場で生かすことができるのです。


病院の薬剤師の方が転職するのは難しい面があります。


お仕事が忙しいので、転職先を探す時間がなかなか取れません。


他の病院の薬局に移ろうとしても、募集を行うところが少ないので、見つかりにくい可能性があります。


病院の薬剤師の方が転職される場合には、薬剤師の転職サイトに登録した方が良いでしょう。


その上で、病院の仕事よりも他の分野を探されることをお勧めします。


その場合、特に有望なものは調剤薬局の仕事と治験コーディネーターです。


前者は病院の仕事にくらべて求人が多いです。


それから、勤務時間も規則的で、週休二日制のところがほとんどです。


治験コーディネーターは、まったく違う分野になりますが、病院での臨床経験を生かすことができます。


求人の数も多いです。


地方でも頻繁に求人が行われているので、Uターンの仕事として選ぶことも可能です。


勤務時間も夕方の5時までというところがほとんどで、原則として残業はありません。


たとえ残業があっても、病院にくらべたら非常に少ないです。




最新の記事