• 薬剤師転職サイト.net

転職マニュアル カテゴリ一覧

女性薬剤師の転職先として人気の化粧品メーカーで働くために必要なスキル

1・化粧品メーカーで働く薬剤師の業務内容 薬剤師が活躍できる職場は病院や調剤薬局だけにはとどまりません。 最近では化粧品メーカーへ転職するケースが増加傾向にあり、注目を集めています。 化粧品と薬とは直接的に関係が無いように思いますが、肌に触れる商品であるため薬事法などと関係することがあります。 具体的にはどのような業務内容でしょうか。 新商品の企画・開発のプロ...


薬剤師が転職できる研究職・研究関連の職種につく方法

1・研究職に転職するための方法 新薬の研究開発に関わることを夢見て薬剤師を目指した人もきっといるはずです。 しかし実際に研究職に携わることができる薬剤師はほんの一部に過ぎません。 では研究職への転職を成功させるためには何が必要でしょうか。 製薬会社などの研究職に就くためには、ある程度の成果や実績が求められます。 未経験者が転職することはまず不可能な分野といえま...


勤務時間を短くして生活を充実させたい薬剤師が選ぶべき転職先を検証

1・薬剤師の勤務時間の実態 基本的な勤務時間は会社員などと同様に朝8時30分から夕方5時30分までの8時間勤務になります。 そして週5日勤務で40時間も一つの規準になります。 この時間数を超えた場合は残業時間となります。 厚生労働省による調査では、薬剤師として働く場合の月間労働時間の平均は160時間です。 月20日勤務であれば1日8時間で、残業時間はないことに...


圧倒的に女性が多い薬剤師業界の中で男性が転職成功させるための5つのポイント

1・男性薬剤師が転職を成功させる5つのポイント 日本の薬剤師の約7割は女性です。 少数派である男性薬剤師が転職を成功させるためにはどんなポイントに注意する必要があるでしょうか。 まず1つ目のポイントはキャリアプランを明確にしておくことです。 「同期の薬剤師が転職しているから自分もそろそろ転職しようか」というような、なんとなく転職することはマイナスです。 将来的...


薬剤師の売り手市場はもう終わり!企業から求められる薬剤師の特徴

1・薬剤師市場について 薬剤師は売り手市場なので、就職・転職先に困ることはないと聞いたことがあるでしょうか。 実際、地方都市はもちろん都心部でも薬剤師を募集している薬局やドラッグストアの求人情報は他の職業に比較すると豊富にあり、収入面もかなり高めです。 そのため、より良い条件や待遇で働くために転職を繰り返す薬剤師も中にはいます。 薬剤師の転職はそれほど珍しいことでは...


薬剤師転職の5つの失敗例とは?失敗したくない人は要チェック!

1・転職を検討中に注意するべき5つの点 薬剤師は同じ職場で勤務を続けるよりも、キャリアアップやスキルアップを考えて数回転職することが珍しくありません。 しかし、転職を成功させるためには気を付けるべき5つのポイントがあります。 まず1つ目に転職が決定する前に退職の意志を伝えてしまうことです。 転職コンサルタントなどから自分の希望と一致する好条件の転職先を紹介してもらう...


離職率の高い薬剤師の職場の特徴とホワイト企業の見つけ方

1・離職率が高い職場の特徴 離職率とは一定期間内に仕事を辞めてしまう人の割合のことです。 大学卒業後、3年以内に離職した人の割合は約32%です。 つまり約3人に1人は就職した仕事を辞めてしまったことになります。 では薬剤師業界はどうでしょうか。 厚生労働省が行った調査によると薬剤師の離職率は約9%とされています。 多くの薬剤師が就職もしくは転職先に満足し...


職種によって年収に100万円以上も差が!給与で選ぶ薬剤師におすすめの転職先トップ3

1・給与で選ぶならこの職場 薬剤師の給与はどれ位でしょうか。 薬剤師の平均年収は約530万円前後です。 しかし、これはあくまでも平均です。 薬剤師として活躍できる職場は決して少なくありません。 そしてそれぞれの職場でメリットとデメリットも異なります。 もし給与を基準に職場を選ぶならば、1番は製薬会社や医療機器メーカーなどの企業です。 初年度の年収は...


英語を活かした仕事がしたい!薬剤師の転職先におすすめ3選

1・英語を活かせる職場、おすすめ3選 英語を流暢に話せる場合、薬剤師としての活躍の場も広がります。 英語を活用できる職場で人気があるのは、製薬会社や医療機器メーカーなどの外資系企業です。 企業で働く場合、薬剤師として白衣を着て行う基本的な業務、調剤業務や服薬指導などよりも会社員の一人として働くイメージが強くなります。 しかし、やはり薬学や医学に関する専門知識を必要と...


病院薬剤師の仕事は激務・転職先に選ぶ前に知っておきたい事

1・病院薬剤師が人気の理由。 新卒薬剤師の人気の就職先に病院薬剤師があげられます。 人気の理由には、薬剤師としてのやりがいとスキルアップするためには魅力的な環境が整っているためです。 もちろん、他の職場で働くことでスキルアップを図ることは可能です。 しかし病院薬剤師の場合は、直接患者さんに接する機会も多くあり、医師や看護師など医療従事者と共にチーム医療に参加する機会...


薬剤師ができること・求められる役割から転職を考える

1・薬剤師に求められる役割とは。 調剤薬局に勤める薬剤師には、患者さんが持ってきた処方箋にそって薬の調剤をするだけではなく、それ以上の役割がもとめられます。 最近では自分の健康は自分でケアするという考え方が主流になりつつあるため、地域の住民が気軽に薬局に立ち寄り薬剤師に相談することが理想的と考えられています。 そのためには薬剤師が物理的に近いだけではなく、信頼され親しみや...


製薬会社に転職するための方法とは?

薬剤師の就職先、転職先として製薬会社をあげる人が多いですし、実際に薬剤師が転職先として製薬会社をあげるパターンをよく見かけます。 製薬会社の場合は例外なくその全てが大企業ですから高収入や生活の安定、仕事のやりがいなどを考えたら転職先としては申し分がないといえるでしょう。 実際には毎年一定人数の求人がありますが、それに応募するのは薬剤師の卵だけではありません。 実際には薬剤師を求む場合もあ...


通勤時間で求人検索がおすすめ!薬剤師の職場は交通の利便性が高い!

通勤に関しては薬剤師ほど恵まれている職場はないかもしれません。 市内でも郊外でも病院のあるところには必ず薬局がありますし、薬剤師を求めているドラッグストアなども多く、場所を第一に考えると薬剤師はとても通勤に適している職種といえるでしょう。 望めば自宅から車で数分という薬局に勤めることもできますし、ドラッグストアなどは広い駐車場がありますので車を停める心配はありません。 都市部などで電...


地方と都市部のどちらが薬剤師の転職にむいている?

薬剤師の求人数は日本全国どこでも一緒なのでしょうか。 ここ数年は空前の売り手市場と言われている薬剤師の求人状況ですがそれが都市部と地方とでは少し様相が違ってくるのです。 というのも人が集まりやすい都市部では薬剤師が余っている状況にあるといわれています。 ということは薬剤師の求人数が多いのは地方ということになるのですが、それは本当なのでしょうか。 都市部では数年前まで個人病院の開業ラッシ...


薬剤師は正社員がおすすめ!

結婚・出産や子育て、介護などライフスタイルの変化が理由で、長時間勤務が難しくなりアルバイト・パートへの転職を考えている方も少なくないと思います。 そんな方の中で、近い将来はまた正社員として働きたいと考えている方は正社員雇用がおすすめです。 その理由の1つに市場の変化があります。 現在薬剤師はまだ不足している状態ですので、採用のニーズが高まっています。 良い人材を確保...