• 薬剤師転職サイト.net

30代薬剤師の転職事情。年収アップも期待できるが注意したい事も

年収アップ

1・30代の薬剤師の転職事情

薬剤師として働き数年が経ち、30代を迎えると転職を考える薬剤師も増えてきます。

基本的にどの年齢層でも転職が可能な薬剤師業界ではありますが、30代では未経験であったとしてもどの職場でも転職できるのが強みとなります。

調剤薬局、ドラッグストア、病院、企業など転職先は豊富にあります。

またある程度のキャリアを積んでからの転職であれば、年収を上げることも可能です。

その理由としては、転職を機に管理薬剤師などの役職に就くチャンスもあるからです。

3年以上の実務経験があれば管理薬剤師として勤務することができ、年収も50万円程度アップする可能性があります。

30代の薬剤師が転職を希望する主な理由にはスキルアップがあります。

調剤薬局や病院など、同じ職場もしくは同じ業種間での転職では得られるスキルや知識にも限界があります。

そのため総合力を兼ね備えた、どの分野においても活躍することを目標にする薬剤師にとっては異業種への転職が人気となっています。

また30代になるとライフパターンが変わることで転職するケースも多く見られています。

結婚や出産、育児によって転職を希望する女性薬剤師が圧倒的に多いのも特徴です。

20代後半からの10年間で年収が100万円近く伸びる薬剤師も少なくありません。

多くの知識とスキルを吸収し、収入面でも充実した職場に転職できるのは30代薬剤師の大きな強みです。

2・転職時の注意点

ショックを受ける女性

数多くのメリットがありますが、注意点も幾つかあります。

収入面がアップするのが30代での転職の特徴ですが、それには職場での責任なども伴います。

転職を機に管理薬剤師になることも多いですが、一般薬剤師に比べると多くの責任を担うことになります。

またそれまで以上に多くの仕事をこなすことも期待されるものです。

また転職先を選定する際にも収入面だけで選ぶことがないように気を付けましょう。

大手調剤薬局などは収入面では低い水準にあります。

しかし企業内での研修制度がしっかりとし、サポート体制も整っているため薬剤師として成長するために必要な多くの知識を系統だって学び続けることができます。

一方でドラッグストアなどは高収入が非常に魅力的な職場ですが、転職後に最新の薬学に関わる知識を取り入れる機会が限られているためその後のキャリアアップに影響が出てしまう恐れがあります。

30代で初めて転職するという薬剤師も多いことでしょう。

疑問点や不安点があるならば、面接時にもしくは職場見学の時に解決しておくことも大切です。




最新の記事