• 薬剤師転職サイト.net

薬剤師40代での転職の落とし穴。どこに注意すればいい?!

40代の転職

1・40代の転職事情について

一般の会社員であれば、40代になってからの転職はかなり難しいのが現実です。

しかし薬剤師の場合、売り手市場の状況が継続していることもあり、40代であっても転職することは可能です。

ある調査結果によると、40代前半の薬剤師は平均年収約530万円、後半では約600万円という水準です。

働き盛りの40代、そして薬剤師としての経験や知識も豊富な世代でもあるため、転職先は多くあるのが現状です。

今の職場よりも好条件で転職することが可能な場合も多々あります。

転職先で多いのは調剤薬局があります。

もし40代になり、家族や育児などとの両立を考えて転職を考えている女性薬剤師であればおすすめです。

ある程度の安定した収入を得ながら勤務時間も短めに設定できるため人気の転職先です。

仕事のやりがいを求めて転職するのであれば、大手調剤薬局でしっかりとした研修体制のもと新たな仕事を始めることができます。

同じようにドラッグストアも比較的に転職が容易な職場です。

ドラッグストアは調剤薬局に比べるとかなり高い収入を得ることができるのが魅力です。

店長クラスになると年収700万円以上も可能です。

薬剤師としての業務だけではなく、雑務なども多くこなすことになるので体力的にはハードな職場かもしれません。

2・40代での転職の注意点

要注意

40代での転職にも多くの注意点、落とし穴が存在しています。

見落としてしまうとせっかくの転職が失敗に終わってしまいます。

どんな落とし穴があるでしょうか。

それまで慣れてきた職場を辞めて、転職するということは、新たな環境で新たな仲間と、新たな仕事をすることになります。

周りが合わせるのではなく、自分が周りに合わせなければいけません。

仕事に慣れるまではかなりのストレスを抱えることを覚悟する必要があります。

また仕事以外の責任も増えて来るのが40代です。

育児や親のお世話などもあるかもしれません。

仕事のやりがいを求めて転職ができても、仕事に多くの時間が奪われてその他の事に気が回らなくなってしまうケースもあります。

バランスの取れた見方を持って転職先を選定することも大切です。

収入アップを考えて転職する場合には注意が必要です。

上述したように、ドラッグストアなどの店長クラスになるとかなりの高収入が可能ですが、体力的にはかなりハードなことや調剤業務など、本来の薬剤師としての業務から離れてしまう傾向があります。

こうしたポイントを踏まえて転職を進めてみるのはいかがでしょうか。






最新の記事