• 薬剤師転職サイト.net

薬剤師に多い3つの転職理由別・この転職を最後にするためにおさえておきたいポイント

転職理由を考える

1・転職に多い3つの理由

薬剤師は一つの職場で定年を迎えるよりも、いくつかの職場を転職することが普通と考えられています。

しかし気を付けていないと、転職を複数回繰り返してしまうことになります。

どんな理由があるでしょうか。

まず人間関係を理由に転職する薬剤師が多くいます。

調剤薬局などでは閉ざされた空間で毎日同じ顔ぶれの中で仕事を続けていくため、些細なことで人間関係がギクシャクしてしまうことがあります。

また女性が多い職場でもあるため、上手に人間関係を築くのが難しい場合もあります。

2つ目に多い理由は収入アップです。

他の仕事に比べると収入面では恵まれた条件で働けていると考えられていますが、実際には企業や地域、業種により異なります。

自分の仕事の大変さや責任の重さと収入が合わないと考えて転職を希望する薬剤師も多いようです。

3つ目の理由はスキルアップ、キャリアアップを考えての転職です。

一つの職場で学べる知識やスキルには限りがあります。

そのため、総合力のある薬剤師や専門性を深めたいという目標を持つ薬剤師であれば他業種への転職も可能であれば挑戦したいと考える傾向があります。

薬剤師の過剰供給が始まると言われる昨今、将来性のある薬剤師になるためには転職が不可欠かもしれません。

2・転職を繰り返さないためにできる事

医者

では転職回数をできるだけ減らすために何ができるでしょうか。

まず人間関係で転職をする傾向のある薬剤師であれば、転職前にあらかじめ職場見学を申し込んでみることができます。

求人情報などの紙面やコンサルタント会社からの説明だけでは実際にわからない部分も多々あります。

実際に薬剤師が働いている環境に自分を置いてみることで、自分が働いている様子を想像してみることができます。

また職場内での自分の立ち位置も間違うことなく業務を開始することができるでしょう。

収入面で満足がいかずに転職を繰り返す場合はどうでしょうか。

勿論、収入が良いにこしたことはありません。

しかし収入もよくプライベートの時間もしっかり取れ、通勤に便利な職場というように理想的な職場は殆どありません。

もし収入を優先的に考えるのであれば、他の面で妥協しなければいけない事を銘記しましょう。

スキルアップで転職するのであれば、自分がどんな薬剤師を目指したいのかを明確にしてから転職することが大切です。

転職先では自分が希望しているスキルを身に着けることができるかもしっかりと確認したいポイントです。






最新の記事