• 薬剤師転職サイト.net

薬剤師の転職を成功させるための志望動機の書き方まとめ

志望動機

1・転職時の志望動機を書くポイント

転職時に用意する履歴書で重要な欄は志望動機です。

なぜこの企業、病院、薬局に転職しようと思ったのかを書く必要があります。

高学歴であっても志望動機がしっかりと書けていないと不採用になってしまう可能性もあります。

どんなポイントに気を付けて書くと良いでしょうか。

まず自分の志望動機を整理しておく必要があります。

誰かに薦められたのか、それとも自分がしたい業務内容だったのかなど人によって異なるはずです。

履歴書を書きはじめるまえにまずじっくりと考えてみることができます。

そして志望先を選んだ理由についても分かりやすく伝えましょう。

現在の職場よりも優れている点は何か、他の転職先よりも魅力的に感じた点は何か、こうした点を踏まえて書くと採用担当者にも気持ちをストレートに伝える事ができます。

自分のこれまでの経験や身に着けたスキルなどについても志望動機の欄でアピールすることができます。

これまで自分は薬剤師としてどのような仕事に携わってきたのか、また今回の転職によってどのようなスキルを培いたいと考えているのか、将来的にはどのような薬剤師として活躍したいと計画しているのか等を盛り込むことで、内容のある志望動機になります。

2・志望動機を書く際の注意点

医者

志望動機の欄には書くべきことと、書くべきではない事があります。

この違いをはっきりと理解することも大切です。

例えば、「志望先の経営理念や企業方針に共感した」と書いてしまうと、面接時にはこの部分から質問を受けることになってしまいます。

漠然とした書き方ではなく、具体的に分かりやすい内容で書くことが基本になります。

また「貴社で成長したい」と書く薬剤師もいますが、これも志望動機には書くべきではありません。

企業側は薬剤師を雇用して成長させようと考えている訳ではありません。

むしろ薬剤師が活躍して企業を成長させることを期待しています。

仕事を果たすことで薬剤師としての知識やスキルが成長するのは事実ですが、それは企業側の第一目標ではありません。

自分が薬剤師として志望先企業にどのように貢献したいと考えているのかを伝えましょう。

自分が受けることを期待するのではなく、自分が企業に与えることができる要素があることをアピールすることが必要です。

志望欄の書き方に正解はありません。

しかし企業側はこの部分に注目して、採用後にしっかりと仕事を果たせる人材かを判断するため、重要な欄といえます。



転職に成功する人の特徴は?

どのような人が薬剤師の転職に成功するのでしょうか。


調剤薬局、病院の薬局、ドラッグストアー、治験コーディネーターと薬剤師の仕事には幅広い分野がありますが、そのどの分野でも求められる資質は、誠実さということでしょう。


薬剤師の中心になる仕事は薬を取り扱うことです。


薬は病気の患者さんの命に直結しています。


めったにあることではありませんが、投薬ミスが患者さんの命を奪うこともあるのです。


薬剤師は最善の注意を払って、誠実に自分の仕事を行わなければなりません。


誠実さというのは履歴書や面接で分かります。


面接を担当するのは人事のプロなので、応募者の性格を見抜くことは、慣れています。


当たり前のことではありますが、転職をするときには、初めから終わりまで真摯な態度で取り組むことが必要になります。


コミュニケーションの力も薬剤師に求められる資質です。


あるドラッグストアーの募集要項にはコミュニケーション力がある方を求めますと明記されています。


特に薬のことをわかりやすく説明する能力は、どの職場に行っても求められるものです。


転職の準備というものは、自分一人ではできません。


お仕事が忙しい方なら、特にサポートが必要です。


だから薬剤師の転職サイトと良好な関係を築くことが重要になってくるわけです。


信頼できるキャリアコンサルタントが見つかったら、いろいろなことを相談できます。


自分が転職したい職場が求めている人材の資質のことについても、コンサルタントにたずねることができるのです。






同じカテゴリーの最新の記事