• 薬剤師転職サイト.net

空いた時間を有効活用。薬剤師が単発の仕事をする時に知っておきたいリスク

時間を気にする女性

1・単発の仕事をするメリット

薬剤師は正社員やパートだけでなく、単発で働くこともできる職業です。

主に調剤薬局やドラッグストアで働くことができます。

単発で働く場合、自分の都合に合わせて働きたい時にだけ働けばいいというメリットがあります。

特に子供を持つ女性薬剤師であれば、家事との両立の中でちょっとだけ空いている時間帯に働くこともできます。

また経済的にもう少し予算が必要という時にだけ働くこともできます。

いまだに人材不足が続く薬剤師だからこそ可能な働き方と言えます。

また単発であっても高時給という魅力もあります。

単発で薬剤師を募集している薬局やドラッグストアは、その時間帯にだけ薬剤師が不在のため医薬品を販売できないという状況の店舗が多くあります。

そのため、多少の高額支給であってもその時間帯に全く医薬品が売れない事に比べれば問題ないのです。

都心部でも時給平均は約2200円前後と高額ですが、薬剤師不足の地方地域では更によく時給3000円という求人情報もあります。

また薬剤師の職場に多い人間関係のしがらみを経験することなく勤務することができるメリットもあります。

単発なので、自分の仕事をしているならば問題ありません。

もし感じの悪い薬剤師や自分とは合わないタイプの人がいたとしても、数時間の辛抱ですむため割り切って仕事をすることもできます。

 

2・単発で仕事をするデメリット

悩む男性薬剤師

単発の仕事の場合、定期的に仕事がある訳ではなく、またどのような業種での仕事があるか分からないというデメリットがあります。

安定性がないため、単発の仕事だけで生活していくことは非常に難しいのが現状です。

また大抵は交通に不便な地域での求人募集が多い傾向があるため、交通費などをかけて長時間の通勤を余儀なくされます。

上述したように、単発で薬剤師を募集している職場は常に人手不足で忙しい職場であることが多く、薬剤師としての即戦力が求められる状況が多々あります。

薬学に関してや調剤業務などについての基本的な知識やスキルがない場合には仕事が出来ずに大変な思いをするかもしれません。

誰かに聞いて仕事をするよりも、それまでの経験に基づいて行動することが求められます。

せっかく覚えた仕事であっても、同じ職場で今後も単発の仕事があるとは限りません。

派遣先が変わるとまた新たな方法や仕事を覚える必要があります。

また2012年10月より労働契約が30日に満たない短期契約派遣が原則的には認められなくなっていることも忘れずに覚えておきましょう。






最新の記事