• 薬剤師転職サイト.net

人間関係で失敗したくない人必見!薬剤師の紹介予定派遣の特徴

喜ぶ薬剤師

1・紹介予定派遣として働くメリット

薬剤師の「紹介予定派遣」という雇用形態をご存じでしょうか。

派遣会社に登録している薬剤師が派遣先を紹介され、一定期間を派遣先で働くことになります。

一定期間終了後に薬剤師と派遣先の両者が合意するならば、派遣先と直接雇用関係を結ぶことになります。

一言で言えば「試用期間」ということです。

紹介予定派遣制度を利用することで人間関係での失敗を極力避けることができます。

転職後の失敗で多いのは人間関係が上手くいかないことです。

実際に働いて見ないと職場の人間関係が自分と合うか合わないかはわからない事です。

それ数日ではなく、ある程度長い期間をかけて職場の一人一人について観察することができ、また自分に対する接し方や話し方などからも判断することができます。

もし職場の人間関係が上手くいかないと判断した場合には、派遣期間が終了した時に直接雇用をお断りすることができます。

正社員として働き始めてから辞めるのは非常に躊躇いがありますが、試用期間であることを考えると肩の力を抜くことができます。

他にも就職時のミスマッチを減らすことができるメリットがあります。

働かないと分からない事は人間関係だけではありません。

残業時間数や休日の取得状況、業務内容などは実際に働くことで分かる事の方が多いかもしれません。

自分のライフパターンに合っているかなどを検討するためには非常に優れた雇用形態といえます。

また紹介してもらっている派遣会社に悩みや不安を相談することもできます。

しっかりとしたサポート体制のもとに働けるのは心強いです。

2・紹介予定派遣のデメリット

派遣の悩み

しかし、派遣期間終了後に必ず企業から直接雇用されるわけではないことも覚えておく必要があります。

派遣期間中はこちら側が企業を検討する期間でもあり、企業がこちらを観察し経営方針や理念に沿う人材かどうかを判断する期間でもあります。

正社員として採用されることを希望していても企業側からは断られる可能性もあります。

大切なのは、派遣期間中に自分のやる気を仕事でしっかりとアピールすることができるかどうかです。

紹介予定派遣制度を上手に利用することで転職の成功率を上げることができます。

とりわけ異業種への転職を考える際には是非活用していただきたい制度となっています。

薬剤師としての自分のスキルで新たな仕事をこなすことができるかをあらかじめ判断することができます。






最新の記事