• 薬剤師転職サイト.net

薬剤師専門転職サイトの良いエージェントの見分け方

転職エージェントを選ぶ

1・転職サイトを利用する転職

薬剤師が転職を考える場合に、様々な方法で転職先を選ぶことできます。

転職情報誌や知人の紹介、ハローワークを利用する薬剤師も少なくありません。

しかし断トツで多いのはインターネット上にある薬剤師専用転職サイトを利用する方法です。

なぜでしょうか。

1番の理由は情報量にあります。

転職サイトには自分が住む地域は勿論、全国各地の求人情報があるため自分の希望に合わせて豊富な転職先から選定することができるのです。

そして転職サイトを利用する際には複数のサイトに登録することが鉄則となっています。

これも重要な理由があります。

転職サイトはそれぞれ異なる人材派遣会社によって運営されています。

会社によって、得意とする専門分野は異なりますし、病院や医療機関とのつながりがある場合とない場合があります。

そしてもう一つの重要な理由はコンサルタント会社で働いているエージェントとの相性があるからです。

人間なので、必ず相性があります。

有名なコンサルタント会社が運営している転職サイトに登録したとしても、担当者との相性が悪いと自分の希望に合う転職先を紹介してもらうことも難しいのが現実です。

それで、複数の会社へ登録しておくことで自分と合う担当者を見つける確率を高めることができます。

2・自分に合うエージェントを考える

考える

まず大切なのは、自分に合うエージェントはどんなタイプなのかを自分自身が把握しておくことです。

基本的なエージェントはカウンセラータイプと呼ばれる受け身型です。

自分の要望や希望によく耳を傾けて聞いてくれます。

その後、幅広く条件に合った求人情報を提供してくれます。

またエージェントらしく自分自身の意見や考えをはっきりと伝える人もいます。

現在の薬剤師市場の状態、自分自身の経験などを参考にして必要とするアドバイスはもちろん、事実を隠すことなく伝えてくれます。

転職を迷っている場合にはとても助かるタイプです。

営業タイプと呼ばれるエージェントは短時間でこちらの要望を聞いて、転職先を紹介、面接までをアレンジしてくれます。

余りゆっくりと話し合うという感じではありませんが、転職に関して自分の条件などがない薬剤師には良いかもしれません。

他にもコンサルティング業界で長年の知識と経験を持つ専門家タイプもいます。

医療業界からも信頼されているため、かなり安心して転職を進めてもらうことができます。

相性のよいエージェントを見つけることが、理想の転職への最初の一歩になります。






同じカテゴリーの最新の記事