• 薬剤師転職サイト.net

未経験ジャンルへの薬剤師転職の不安を解消!失敗しない仕事選び

未経験の職種へ転職

1・未経験ジャンルへの転職時の注意点

薬剤師という資格は1つであっても、その資格を活用してする職場には薬局、病院、企業、介護施設など多岐に渡ります。

職場が違えば、もちろん仕事内容も同じではありません。

キャリアアップを考える薬剤師の多くは同じ職場、もしくは同業種にとどまるのではなく幾つかの職場を可能であれば異業種への転職をしたいと考えています。

そうすることで多くの知識とスキル、経験を取り入れることができるのです。

結果として総合力があり、専門性を含めた今後必要とされる薬剤師へと成長できます。

しかし未経験であれば不安がつきものです。

そのため、異業種への転職を希望する際にはしっかりとリサーチをして、可能であるならば職場見学に参加することをお薦めします。

実際に働いている薬剤師はどんな業務に携わっているのか、自分が考えている業務内容に関わってスキルアップを図ることが可能かどうかを見定めることができるからです。

2・業種別でみる転職時のポイント

医者

では調剤薬局への転職を考える場合のポイント見てみましょう。

調剤薬局の場合、主な業務内容は調剤・製剤業務です。

それで、未経験であれば何をどのように調剤するべきかを1から学ぶ必要があります。

しっかりとした教育制度が整っている薬局を選ぶことができます。

収入面では妥協する必要がありますが、大手調剤薬局などでは入社後にも定期的に研修会や勉強会が計画されているので、安心して業務に携わることができます。

ドラッグストアへの転職時には、薬剤師以外の仕事も行う必要があることを覚えておきましょう。

高収入が魅力のドラッグストア勤務ですが、レジ打ちや品出しなど自分が想像している薬剤師の仕事はできない場合があります。

また労働時間も長くなる可能性があります。

病院への転職時のポイントは自分がどのような病院で働きたいかをはっきりさせることです。

一般的に急性期病院への転職は人気があり、薬剤師として成長するために理想的な職場環境が整っていると考えられています。

しかし体力的には幾分ハードワークが求められます。

未経験であれば、慣れるまでにも時間がかかるでしょう。

一方で慢性期療養型の病院であれば、製剤業務や入院患者への服薬指導などの決められた仕事をしっかりと果たしていくことができます。

どんな職場でも一度自分の目で確かめることが何よりも重要です。

また収入面だけではなく総合的な観点で転職先を選ぶことも大切です






同じカテゴリーの最新の記事