• 薬剤師転職サイト.net

定年をむかえた薬剤師が再就職する時の心構え

再就職

1・定年後の薬剤師の再就職先

多くの企業では一般的に60歳、もしくは65歳を定年退職として定めています。

薬剤師の場合はどうでしょうか。

勤務先にもよりますが、病院などでは60歳を定年として定めている場合が多く見られます。

しかし薬剤師業界は人材不足が依然続いているため、定年後の薬剤師の再就職先も豊富にあります。

また60歳で仕事を退職してもまだまだ働ける方が多いのも現実です。

定年後の再就職先として多いのは調剤薬局です。

薬局での勤務経験があるならば一層スムーズに仕事を始めることができる可能性が高まります。

またドラッグストアなどでもOTC販売などをメインにした業務内容で募集されていることがあります。

病院や企業への再就職は上記の2つに比べると極端に少なくなってしまいます。

もし前職での経験や実績があるならば可能かもしれませんが、未経験であるならば現実的ではないといえます。

年齢的には定年を迎えていても、それまで長い年月を薬剤師として働き培ってきた知識やスキル、経験はとても貴重なものです。

そのため経営者の中には若い薬剤師の育成や教育などの目的を持って積極的に定年後の薬剤師を採用する場合もあります。

2・再就職を成功させるための秘訣

医者

せっかく再就職できたものの、人間関係が上手くいかずに退職するというケースも多々あります。

そうした失敗を防ぐためには大きく分けて2つのポイントがあります。

まず1つ目に謙虚であることです。

これまでのキャリアやスキルは誰もが認めるべきですが、それを見せつけるかのようにして再就職先でも勤務してしまうと、周りは引いてしまいます。

どれほどの知識や経験があっても謙虚に振る舞うことによって、自分の持つ能力や技術を最大限生かすことができます。

2つ目に柔軟性を示すことです。

それまでの経験で自分の方法、自分のやり方というものが形作られているかもしれません。

しかし再就職したならば、その職場の方法に自分を合わせることが求められます。

頑固になり自分を変えることができないと、やはり上手に人間関係を築くことはできませんし最悪の場合は解雇されてしまうこともあります。

定年後の再就職では収入面もかなり下がってしまうかもしれません。

また一緒に働くまわりの薬剤師も殆どは自分よりもかなり年齢が若く、上司も自分よりも年下です。

全てをすぐに受け入れることは難しいかもしれませんが、まずは一つずつ受け入れること、また新しい仕事を楽しむことも大切なポイントになります。






最新の記事