• 薬剤師転職サイト.net

薬剤師が年収1000万円を手にするための具体的な方法とスキル

年収1000万円

1・年収1000万円におすすめの職場

薬剤師として年収1000万円を稼ぐのはどうしたらよいでしょうか。

ここ数年間の薬剤師平均年収は約530万円程度です。

つまり平均年収の2倍を稼ぐ必要があります。

しかし決して不可能な金額ではありませんし、薬剤師として年収1000万円以上を稼いでいる方々も大勢います。

どんな働き方があるでしょうか。

まずおすすめは製薬会社や医療機器メーカーなど企業のMR職として働くことです。

これは必ずしも薬剤師としての資格が必要な職種ではありませんが、薬学に関わる専門知識があることで有利になる場面が多々あります。

MRとは医薬情報担当者として自社の製品や医薬品を病院や各医療関連機関に営業することが主な業務内容になります。

自社製品に関わる正確な情報を提供し医師などからの信頼を得ることが必須です。

企業で働く場合、成果主義で収入を算定されるケースが多いため若い薬剤師であっても、仕事で結果を出すことで1000万円もの年収を手に入れることができます。

次の方法としては調剤薬局を独立開業することです。

個人経営をすることで年収の大幅アップに成功した薬剤師が多くいます。

薬局を開業することで平均年収が約1000万から1500万円程度になるという調査結果もあります。

薬剤師が少ない地方へ転居することで収入を一気に上げることもできます。

とりわけ中小規模の調剤薬局は給与形態が高く、その中でも地方都市では都心部よりもさらに高く設定されている傾向があります。

2・年収1000万円を稼ぐために必要なスキル

話す

まず企業で働く薬剤師には英語力が非常に重要となります。

とりわけ外資系企業は給与が高く年収1000万円以上も可能ですが、ほとんどの業務が英語で行うことになります。

また常に新たになる医学や薬学に関わる情報を取り入れ続ける向上心も求められるのは言うまでもありません。

自分で調剤薬局を開業することを考える場合は、薬剤師としてのスキルに加えて経営能力も求められます。

どこに店舗を構えるか、どれくらいの薬剤師を雇うかなどあらゆることを自分で決める必要もあります。

地方の薬局で働く場合はどうでしょうか。

基本的な業務内容はどこの調剤薬局でも変わりはありませんが、誰とでも上手に人間関係を築き仕事をする対人コミュニケーション能力が普通以上に求められるでしょう。

薬剤師が年収1000万円を稼ぐことは可能ですが、この金額が平均年収の2倍であることを考えると、あらゆる場面で通常の薬剤師よりも2倍の努力が求められるかもしれません。






最新の記事