• 薬剤師転職サイト.net

手厚い福利厚生が期待できる薬剤師のdiコールセンターの仕事は転職に人気

コール

1・コールセンターで働く薬剤師

薬剤師が働く職場には病院、薬局、ドラッグストアなどがありますが、コールセンターでも薬剤師が必要とされていることをご存じでしょうか。

特に製薬会社などではdi業務と言われるポジションになります。

di業務には一般消費者はもちろん、医療従事者や社内スタッフなどから自社が販売する医薬品に関わる問い合わせがある場合に、医薬品情報管理・学術業務担当者として、最新の正しい情報を提供することが求められます。

一般消費者からは、販売している医薬品やサプリメントなどに関する質問や要望が問い合わされます。

また医療従事者からは新薬や新製品に関わる資料請求や購入した製品に関わる質問、不具合などの問い合わせもあります。

diとしてコールセンターで働く薬剤師には、自社製品に関わる正確な知識と電話という限られた方法でわかりやすく説明する技術が求められます。

diの魅力はしっかりとした福利厚生が期待できることです。

薬剤師の資格をもっているなら、初年度から年収400万円以上で転職することも可能です。

実務年数を積み、昇進していくならば年収700万円程度まで可能です。

育休や産休などが充実しているため女性薬剤師には人気の転職先となっています。

また常に最新の情報と知識が必要なため、定期的に研修会や勉強会に参加することもスキルアップには役立ちます。

2・diコールセンターで働くことのメリットとデメリット

医者

やはり最大のメリットは福利厚生が手厚いことです。

製薬会社など企業形態が大きくなればなるほど、育休・産休はしっかりと取得することができます。

有給休暇も取得しやすい職場環境のため家族との時間やプライベートにもしっかりと時間を充てることができるのは魅力的です。

未経験であってもしっかりとした研修体制があり、転職後も定期的に勉強会い参加することで随時必要とされている最新の情報を入手することができます。

しかし薬剤師としての本来の業務内容には全く関わることがないため、調剤・製剤業務などのスキルは低下する危険性があります。

最新の薬学に関わる知識や情報は豊富にあるとしてもそうした薬剤を実際に調剤するスキルを身に着けることができないのは気を付ける必要があります。

また電話応対業務なので、会話の技術も求められます。

相手が何を求めているのか、どのような情報が適切かを瞬時に判断し提供する必要があります。

コミュニケーション能力に自信がない薬剤師はあまり適さないかもしれません。






同じカテゴリーの最新の記事