• 薬剤師転職サイト.net

年収800万円の薬剤師求人は存在する!仕事内容と注意点

年収800万円

1・年収800万円の求人とは?

厚生労働省の調査結果によるとここ数年の間、薬剤師の平均年収は約500万円から530万円程度で推移しています。

年代別で見てみると40代後半の薬剤師が年収約600万円と最も高い年収となっています。

こうした調査結果と比較して考えてみると、薬剤師として年収800万円の求人は非常に魅力的で高収入であることが容易に理解できます。

しかしインターネットの薬剤師専用求人欄などを見ると、少なからず年収800万円以上の案件を見つけることができます。

どんな求人でしょうか。

例えば、通勤に不便な調剤薬局などがあります。

地域偏在が解消されないのが薬剤師業界の大きな問題ともなっています。

住みやすく、人が集まりやすい都市部では大勢の薬剤師がいるため、収入面でもそれほど好条件を提示する調剤薬局はありません。

いくらか条件を抑えたとしても薬剤師が応募してくるためです。

しかし都心部から離れた地域、とりわけ農村部などでは高齢者などが多く調剤薬局が必要不可欠であるにも関わらず薬剤師が不足傾向にあり高い収入を提示することで薬剤師を集めようとする傾向にあります。

基本的には転職に伴って転居も必要になるケースがほとんどです。

また製薬会社の研究職や開発職でも年収800万円は可能です。

しかしこれは薬剤師の中でも一流大学での修士号や博士号などを取得している、かなり限られた薬剤師だけが就くことができる仕事となっています。

また製薬会社のMR職やCRAなどで成果を収めるなら30代であっても年収800万円が可能とされています。

2・転職前に知っておくべきこと

転職

ついつい年収アップという言葉にはつられてしまいますが、転職を決める前にしっかりと考えておくべきこともあります。

高収入を提示する職場の多くは経験と実績を必要としています。

僻地や離島での薬剤師勤務は都心部に比べて非常に高い年収が得られますが、新卒での勤務は不可能です。

管理薬剤師などでの実務経験が必要とする調剤薬局がほとんどです。

また収入が高いということは、それなりに仕事量も増えることを想定しておかなければいけません。

残業が普通の職場や、休日を返上して仕事をすることも求められるかもしれません。

外資系企業へ転職する場合は、フレックス制で自分の生活スタイルに合わせて出勤することが可能な職場もありますが、仕事で結果を出し続けることが求められます。

収入も上がるということは、それなりに犠牲になる部分や求められる部分が多くなるということを理解しておく必要があります。






最新の記事