• 薬剤師転職サイト.net

製薬会社に転職するために必要なスキル

医者

1・製薬会社で働く薬剤師の仕事内容

薬剤師としての知識や技術のレベルアップを考えて製薬会社へ転職することを希望する薬剤師は少なくありません。

製薬会社で働く薬剤師の仕事にはどのようなものがあるでしょうか。

やはり新薬の研究開発というイメージがまずあります。

薬剤師であれば誰もが一度は憧れた業種かもしれません。

しかし新薬開発などにはかなりの時間をかけて研究しなければいけません。

根気強く取り組む姿勢が求められます。

またそのような研究職で活躍できるのは、ほんの一握りの薬剤師にすぎません。

一流大学の博士号や修士号を取得し、研究分野でのある程度の実績を残していなければ、転職することは難しいとされています。

しかし製薬会社では他にも色々な分野で活躍することができます。

例えばCRAと呼ばれる治験開発モニターとして製薬会社で働く薬剤師もいます。

開発された新薬を販売する前に必要とされる臨床試験をコーディネートすることや、実際に行われる治験をモニタリングすることも業務内容に含まれます。

薬に関わる深く専門的な知識があることで、被験者や医師からも信頼されやすいため、薬剤師としての知識や経験を幅広く生かすことができる職種の一つとして注目を集めています。

他にもMR職があります。

自社の薬の特性を把握し病院や医療関連機関を訪問して営業することが業務になります。

ここでも薬剤師としての専門知識を十分に活用することができます。

2・製薬会社へ転職するためのスキル

医者

製薬会社での実務経験があれば有利に転職を進めることができるかもしれません。

しかし調剤薬局やドラッグストアで勤務する薬剤師であっても転職エージェントなどに相談してみることで、非公開求人などを紹介してもらえる可能性もあります。

外資系企業への転職であれば、ほとんどの企業が成果主義であることも覚えておく必要があります。

内資系ではない充実した福利厚生などもありますが、全ては結果を残すことで得られる報酬です。

仕事ができれば収入もドンドン上がりますが、仕事で結果を残すことが出来なければ最悪解雇される場合もあります。

そして内資、外資問わずに必要とされるのは英語力です。

新たに研究開発された新薬などは英語で発表されることがほとんどです。

また海外企業との会議や取りひきの際には英語は欠かせません。

ビジネス英語は勿論、医学用語や薬品の成分など専門的な知識についても英語でカバーする必要があります。






同じカテゴリーの最新の記事