• 薬剤師転職サイト.net

薬剤師が受けやすいストレスとその解消法

ストレス

1・薬剤師のストレス

ストレス社会と言われる現在、どの職業であってもストレスを受けてしまいます。

しかし薬剤師の場合、薬剤師ゆえに受けるストレスもあります。

薬の調剤や製剤などは医師からの処方箋に基づいて行われますが、もしミスをしてしまうと患者さんの命に関わる事態が生じる危険性もあります。

ほんの小さなミスも許されない緊張感が続く環境で仕事をするのは大きなストレスの要因となりかねません。

また人間関係ゆえにストレスを抱える薬剤師も少なくありません。

とりわけ調剤薬局など限られた空間で同じ従業員と長時間過ごすため、折り合いが上手くいかないと毎日の仕事が負担になってしまいます。

また病院であれば、医師や看護師など一緒に勤務する医療従事者との良い関係を築くことが必要不可欠です。

しかしコミュニケーションを上手に図れずに関係がぎくしゃくしてしまうこともあります。

休みが取りづらいことがストレスの原因になる場合もあります。

基本的に薬剤師人数が少ないため、どの職場でも残業が多くなることや休みが少ないという傾向があります。

最近では24時間営業をするドラッグストアも増えているため、一人の薬剤師が長時間労働をするというケースも見られています。

どのような原因であってもストレスが溜まると心身のバランスを崩してしまいます。

特にうつ病や燃え尽き症候群など精神的にダメージを受ける可能性があるため十分に気を付ける必要があります。

 

2・ストレスを解消するために

ヨガで瞑想

ではどのようにストレスを溜めずに仕事をすることができるでしょうか。

大切な点として、スタッフを信頼して仕事をすることがあります。

ミスが許されない環境であることに変わりありませんが、そのプレッシャーを一人で抱え込むのではなく信頼できる仲間に支えてもらうことができます。

自分の限界を超えるとプレッシャーはストレスになってしまいます。

自分の限界をしっかりと知っておくことも重要です。

感情のバランスを保つことも必要です。

仕事の時には緊張感を持って従事しますが、その他の時には上手に気分をリラックスさせることができます。

仕事とプライベートとのメリハリをしっかり付けることがストレスを溜めない秘訣ともなります。

薬剤師として働く以上プレッシャーやストレスを全く抱えないということは不可能かもしれません。

しかし、常に客観的に自分を分析し、逆境に際しても強靭な精神力を持つ薬剤師を目指すことができます。






最新の記事