• 薬剤師転職サイト.net

薬剤師の初任給が一番高いのは調剤薬局っていう噂はウソ?ホント?

お給料が高い

◆他の職種と比較した際の調剤薬局の初任給

薬剤師の初任給は高いというイメージが強いかもしれません。

その中で調剤薬局に勤める薬剤師の初任給は最も高いと考えられています。

実際にはどうでしょうか。

調剤薬局における初任給は約25万円程度とされています。

しかし地域性に影響される部分がとても強く、郊外にある店舗や交通の便が悪く車通勤が必須の薬局などになると、初任給は一気に高くなります。

また全国に展開する大手調剤薬局では給与形態が一律とされているため、それほど高額になりませんが、小規模から中規模程度の調剤薬局では給与が高く設定されている傾向があります。

それで、薬剤師が少ない地方都市にある小規模もしくは中規模調剤薬局で働くならば、初任給が30万円前後になることも十分に考えられます。

病院で勤める薬剤師の初任給は約20万円前後です。

病院薬剤師の場合、初任給は低いですが特に国公立病院で勤務する場合は定期昇給や賞与、退職金も確実にあるため生涯年収は調剤薬局よりも高くなる可能性があります。

ドラッグストアで働く薬剤師には薬剤師手当があるため、初任給は約25万円程度と調剤薬局と同レベルになります。

店舗によっては30万円以上という条件もあります。

しかしその後給与が大幅アップすることはそれほどなく、また業務内容も調剤業務以外にレジ打ちや品出しなど薬剤師の業務とは関係のない仕事も多くこなす必要があります。

多くの薬剤師が就職を希望する製薬会社などの企業に勤めた場合、初任給の平均は約23万円程度です。

会社の規模にもよりますが、外資系の企業では成果主義を採用することが多いため、初任給が低くても仕事で結果を出していくことで給与を大幅にアップさせることは可能です。

確かに他の職種での初任給と比較してみると調剤薬局での初任給は高い水準といえます。


◆調剤薬局で勤務することのメリット

薬

初任給の高さだけが調剤薬局で勤務することのメリットではありません。

調剤薬局では常に新しい薬学に関する知識に触れることができるため、薬剤師としての知識やスキルを向上させることが可能です。

またここ数年注目されている薬剤師の専門性を身に着けるためにも有利といえます。

そして今後さらに必要が大きくなることが予想される在宅医療の分野にも積極的に取り組んでいる調剤薬局も多くあります。

幅広い分野で活躍し専門性を身に着けることを考えるのであれば、調剤薬局で働くことがおすすめです。


調剤薬局とドラッグストア年収が多いのはどっち?!

給料

薬剤師の収入について考えてみましょう。


薬剤師の収入はほかの職業と比べても突出して高いとはいえないようです。


とはいっても専門職ですからそれは高いレベルの話であって、決して低賃金というわけではありません。


収入に重点をおくのであれば仕事先を考えるほうがいいかもしれません。


多くの薬剤師が調剤薬局に勤めていると思いますが。


調剤薬局よりもドラッグストアに勤めている薬剤師のほうが収入が高いという調査結果が出ています。


それはドラッグストアの薬剤師が本来の調剤業務の他に店舗の仕事もこなしていることが大きいのです。


ドラッグストアでは常に調剤の仕事があるわけではありませんから、必然的に店舗の仕事もこなさなくてはいけません。


売り上げはドラッグストアのほうが調剤薬局よりも多いですからそのことを考えてもドラッグストアの薬剤師のほうが調剤薬局の薬剤師よりも収入が上だといわれているのです。


しかしドラッグストアの薬剤師が重宝している理由は薬剤師ではないと販売できない薬がたくさんあったからです。


それがこれから始まる登録販売制度によって必ずしも薬剤師を置かなくても薬の販売ができるようになるのです。


そのようなことからもドラッグストアの薬剤師も安穏としていることはできないでしょう。


長く勤めるのであれば、調剤薬局は安定した職場だといえるでしょう。


薬剤師が安定を求めて転職するのであれば、調剤薬局が一番最適であるといえるでしょう。







最新の記事