• 薬剤師転職サイト.net

薬剤師の初任給が一番高いのは調剤薬局っていう噂はウソ?ホント?

お給料が高い

◆他の職種と比較した際の調剤薬局の初任給

薬剤師の初任給は高いというイメージが強いかもしれません。

その中で調剤薬局に勤める薬剤師の初任給は最も高いと考えられています。

実際にはどうでしょうか。

調剤薬局における初任給は約25万円程度とされています。

しかし地域性に影響される部分がとても強く、郊外にある店舗や交通の便が悪く車通勤が必須の薬局などになると、初任給は一気に高くなります。

また全国に展開する大手調剤薬局では給与形態が一律とされているため、それほど高額になりませんが、小規模から中規模程度の調剤薬局では給与が高く設定されている傾向があります。

それで、薬剤師が少ない地方都市にある小規模もしくは中規模調剤薬局で働くならば、初任給が30万円前後になることも十分に考えられます。

病院で勤める薬剤師の初任給は約20万円前後です。

病院薬剤師の場合、初任給は低いですが特に国公立病院で勤務する場合は定期昇給や賞与、退職金も確実にあるため生涯年収は調剤薬局よりも高くなる可能性があります。

ドラッグストアで働く薬剤師には薬剤師手当があるため、初任給は約25万円程度と調剤薬局と同レベルになります。

店舗によっては30万円以上という条件もあります。

しかしその後給与が大幅アップすることはそれほどなく、また業務内容も調剤業務以外にレジ打ちや品出しなど薬剤師の業務とは関係のない仕事も多くこなす必要があります。

多くの薬剤師が就職を希望する製薬会社などの企業に勤めた場合、初任給の平均は約23万円程度です。

会社の規模にもよりますが、外資系の企業では成果主義を採用することが多いため、初任給が低くても仕事で結果を出していくことで給与を大幅にアップさせることは可能です。

確かに他の職種での初任給と比較してみると調剤薬局での初任給は高い水準といえます。


◆調剤薬局で勤務することのメリット

薬

初任給の高さだけが調剤薬局で勤務することのメリットではありません。

調剤薬局では常に新しい薬学に関する知識に触れることができるため、薬剤師としての知識やスキルを向上させることが可能です。

またここ数年注目されている薬剤師の専門性を身に着けるためにも有利といえます。

そして今後さらに必要が大きくなることが予想される在宅医療の分野にも積極的に取り組んでいる調剤薬局も多くあります。

幅広い分野で活躍し専門性を身に着けることを考えるのであれば、調剤薬局で働くことがおすすめです。


調剤薬局とドラッグストア年収が多いのはどっち?!

給料

薬剤師の収入について考えてみましょう。


薬剤師の収入はほかの職業と比べても突出して高いとはいえないようです。


とはいっても専門職ですからそれは高いレベルの話であって、決して低賃金というわけではありません。


収入に重点をおくのであれば仕事先を考えるほうがいいかもしれません。


多くの薬剤師が調剤薬局に勤めていると思いますが。


調剤薬局よりもドラッグストアに勤めている薬剤師のほうが収入が高いという調査結果が出ています。


それはドラッグストアの薬剤師が本来の調剤業務の他に店舗の仕事もこなしていることが大きいのです。


ドラッグストアでは常に調剤の仕事があるわけではありませんから、必然的に店舗の仕事もこなさなくてはいけません。


売り上げはドラッグストアのほうが調剤薬局よりも多いですからそのことを考えてもドラッグストアの薬剤師のほうが調剤薬局の薬剤師よりも収入が上だといわれているのです。


しかしドラッグストアの薬剤師が重宝している理由は薬剤師ではないと販売できない薬がたくさんあったからです。


それがこれから始まる登録販売制度によって必ずしも薬剤師を置かなくても薬の販売ができるようになるのです。


そのようなことからもドラッグストアの薬剤師も安穏としていることはできないでしょう。


長く勤めるのであれば、調剤薬局は安定した職場だといえるでしょう。


薬剤師が安定を求めて転職するのであれば、調剤薬局が一番最適であるといえるでしょう。







同じカテゴリーの最新の記事

  • ゾロ薬って何?ジェネリック医薬品がゾロ薬と呼ばれる理由

    1・ジェネリック薬とは。 ここ数年の間によく耳にするようになった、ジェネリック薬もしくはゾロ薬と呼ばれる医薬品があります。 薬剤師として扱う機会が増えたと感じる方もいるでしょう。 ジェネリック薬とは後発医薬品の事を...


  • 高齢化社会で薬剤師が求められる在宅医療の役割

    1・在宅医療で薬剤師が必要とされる理由 超高齢社会に突入した日本では、在宅医療が今後より一層必要とされています。 高齢者も最期は病院ではなく、住み慣れた自宅で迎えたいと考えている人が増えている傾向にあります。 これ...


  • 空いた時間を有効活用。薬剤師が単発の仕事をする時に知っておきたいリスク

    1・単発の仕事をするメリット 薬剤師は正社員やパートだけでなく、単発で働くこともできる職業です。 主に調剤薬局やドラッグストアで働くことができます。 単発で働く場合、自分の都合に合わせて働きたい時にだけ働けばいいと...


  • 定年をむかえた薬剤師が再就職する時の心構え

    1・定年後の薬剤師の再就職先 多くの企業では一般的に60歳、もしくは65歳を定年退職として定めています。 薬剤師の場合はどうでしょうか。 勤務先にもよりますが、病院などでは60歳を定年として定めている場合が多く見ら...


  • 年収800万円の薬剤師求人は存在する!仕事内容と注意点

    1・年収800万円の求人とは? 厚生労働省の調査結果によるとここ数年の間、薬剤師の平均年収は約500万円から530万円程度で推移しています。 年代別で見てみると40代後半の薬剤師が年収約600万円と最も高い年収となってい...


  • 災害時や平常時に薬剤師が参加できるボランティア活動で社会貢献

    1・薬剤師が参加できる災害時ボランティア ここ数年の間、日本は数多くの自然災害に見舞われています。 台風による水害や大地震、津波などで多くの方が災害地に赴きボランティア活動を通して被災者を救援しています。 災害時に...


  • 薬剤師が気持よく有給休暇をとるためのマナー

    1・有給休暇の取得理由は? 常に人材不足が続く薬剤師業界。 そのため薬剤師にとって有給休暇を取得してゆっくりと体を休めたり、旅行に行ったりするのはなかなか難しいことです。 有給休暇とは労働基準法でも定められており、...


  • 薬剤師が円満退職するために知っておきたい12の事

    1・退職を決意したらするべき7つの事 立つ鳥跡を濁さずと言われるように、退職する際にはできるだけ晴れやかに気持ちよく職場を後にしたいものです。 ではどのようなポイントに気を付けるべきでしょうか。 最初に7つのポイン...


  • 薬剤師が受けやすいストレスとその解消法

    1・薬剤師のストレス ストレス社会と言われる現在、どの職業であってもストレスを受けてしまいます。 しかし薬剤師の場合、薬剤師ゆえに受けるストレスもあります。 薬の調剤や製剤などは医師からの処方箋に基づいて行われます...


  • 薬剤師の初任給が一番高いのは調剤薬局っていう噂はウソ?ホント?

    ◆他の職種と比較した際の調剤薬局の初任給 薬剤師の初任給は高いというイメージが強いかもしれません。 その中で調剤薬局に勤める薬剤師の初任給は最も高いと考えられています。 実際にはどうでしょうか。 調剤薬局にお...


  • 災害時に薬剤師ができる4つの役割

    1・災害時に薬剤師が必要とされる理由 ここ数年のうちに日本では大きな地震や津波による被害、大雨など数多くの自然災害に見舞われています。 被災地を救援するために多くの自衛隊や消防士、医師や看護師が赴いています。 同じ...


  • 薬剤師のコミュニケーション術を身につける10の方法

    1・コミュニケーション能力を向上させる10の秘訣 薬剤師に求められるのは薬の調剤業務だけではありません。 患者さんに薬に関する正しい情報を伝えて服薬してもらう必要があります。 そのためにはしっかりとコミュニケーショ...


  • 公務員薬剤師の働き方と気になる年収

    1・公務員薬剤師の勤務先 公務員薬剤師になるには薬剤師資格を取得し、さらに公務員試験も合わせてクリアしなければいけません。 国家試験に合格した薬剤師は厚生労働省などの薬事行政に関わる仕事に就きます。 法案を作ったり...


  • 年収1000万円超えをどうみる?!薬剤師が独立して調剤薬局経営をはじめるメリットとリスク

    1・調剤薬局を開業する際のメリットとデメリット 薬剤師の中には自分の理想とする調剤薬局を将来的に開業することを目標にしている方も多くいます。 また勤務薬剤師よりも、独立することで年収を大幅にアップできるという話もよく耳に...


  • 結婚したいなら即転職!女性薬剤師の婚活成功マニュアル

    1・女性薬剤師が結婚しにくい理由 仕事のやりがいを感じるものの、結婚を考える女性薬剤師は多くいます。 しかし薬剤師業界の特殊な環境ゆえに結婚がしにくいと感じるようです。 最初の理由としては女性が多い職場環境です。 ...