• 薬剤師転職サイト.net

年収1000万円超えをどうみる?!薬剤師が独立して調剤薬局経営をはじめるメリットとリスク

薬

1・調剤薬局を開業する際のメリットとデメリット

薬剤師の中には自分の理想とする調剤薬局を将来的に開業することを目標にしている方も多くいます。

また勤務薬剤師よりも、独立することで年収を大幅にアップできるという話もよく耳にします。

独立開業に伴うメリットとデメリットにはどのようなものがあるでしょうか。

まず自分の思い描いている調剤薬局を経営できるという点があります。

勤務薬剤師の時にはどうしても経営者の理念や方針にしたがって仕事をしなければいけません。

開業をして、自分が納得できる方針や地域に合った薬局経営をすることで、一層のやりがいや充実感を得ることができます。

そして経営が軌道にのれば年収アップを望めます。

薬剤師の平均年収は約500万円前後です。

独立開業した薬剤師の中には年収1000万円以上が可能になったケースもあります。

また自分が経営者なので定年がなく働き続けることができるのもメリットの一つです。

独立のデメリットも確認しておきましょう。

これまでは調剤業務や薬歴管理などの薬剤師としての仕事だけでしたが、開業した場合は経営者としての仕事もこなさなければいけません。

様々な事務仕事や手続きがあるため、今まで以上に忙しく働くことになります。

思ったように売上が伸びないとストレスの原因ともなります。

薬剤師不足という現状も覚えておく必要があります。

求人募集を出している薬局や病院などは数多くあるため、優秀な薬剤師を見つけて雇うのは簡単ではありません。

それなりの好条件が必要になるでしょう。

2・独立開業する薬剤師の年収

医者

調剤薬局を開業する薬剤師の年収は幾らくらいでしょうか。

地域性も大きく関係しますが、約1500万円から1800万円が平均的な年収となります。

しかし初年度からこの年収を得ることは期待できません。

開業後にどれ位早い段階で、経営を軌道に乗せることができるかが勝負になります。

薬剤師一人が1日に約40枚程度の処方箋をさばくことができれば、経営を黒字にすることができると言われています。

しかし、病院やクリニックの周辺には既に幾つかの薬局があるかもしれません。

一気に売上を上げることは期待できないため、可能であれば数店舗の薬局を経営することでリスクを軽減させることができます。

責任や仕事量が増えるなどの要因を考えた時、年収アップのために独立することはおすすめできません。

しっかりとした自分の理想や、変わらない熱い思いを持つことが成功には必要です。






同じカテゴリーの最新の記事

  • ゾロ薬って何?ジェネリック医薬品がゾロ薬と呼ばれる理由

    1・ジェネリック薬とは。 ここ数年の間によく耳にするようになった、ジェネリック薬もしくはゾロ薬と呼ばれる医薬品があります。 薬剤師として扱う機会が増えたと感じる方もいるでしょう。 ジェネリック薬とは後発医薬品の事を...


  • 高齢化社会で薬剤師が求められる在宅医療の役割

    1・在宅医療で薬剤師が必要とされる理由 超高齢社会に突入した日本では、在宅医療が今後より一層必要とされています。 高齢者も最期は病院ではなく、住み慣れた自宅で迎えたいと考えている人が増えている傾向にあります。 これ...


  • 空いた時間を有効活用。薬剤師が単発の仕事をする時に知っておきたいリスク

    1・単発の仕事をするメリット 薬剤師は正社員やパートだけでなく、単発で働くこともできる職業です。 主に調剤薬局やドラッグストアで働くことができます。 単発で働く場合、自分の都合に合わせて働きたい時にだけ働けばいいと...


  • 定年をむかえた薬剤師が再就職する時の心構え

    1・定年後の薬剤師の再就職先 多くの企業では一般的に60歳、もしくは65歳を定年退職として定めています。 薬剤師の場合はどうでしょうか。 勤務先にもよりますが、病院などでは60歳を定年として定めている場合が多く見ら...


  • 年収800万円の薬剤師求人は存在する!仕事内容と注意点

    1・年収800万円の求人とは? 厚生労働省の調査結果によるとここ数年の間、薬剤師の平均年収は約500万円から530万円程度で推移しています。 年代別で見てみると40代後半の薬剤師が年収約600万円と最も高い年収となってい...


  • 災害時や平常時に薬剤師が参加できるボランティア活動で社会貢献

    1・薬剤師が参加できる災害時ボランティア ここ数年の間、日本は数多くの自然災害に見舞われています。 台風による水害や大地震、津波などで多くの方が災害地に赴きボランティア活動を通して被災者を救援しています。 災害時に...


  • 薬剤師が気持よく有給休暇をとるためのマナー

    1・有給休暇の取得理由は? 常に人材不足が続く薬剤師業界。 そのため薬剤師にとって有給休暇を取得してゆっくりと体を休めたり、旅行に行ったりするのはなかなか難しいことです。 有給休暇とは労働基準法でも定められており、...


  • 薬剤師が円満退職するために知っておきたい12の事

    1・退職を決意したらするべき7つの事 立つ鳥跡を濁さずと言われるように、退職する際にはできるだけ晴れやかに気持ちよく職場を後にしたいものです。 ではどのようなポイントに気を付けるべきでしょうか。 最初に7つのポイン...


  • 薬剤師が受けやすいストレスとその解消法

    1・薬剤師のストレス ストレス社会と言われる現在、どの職業であってもストレスを受けてしまいます。 しかし薬剤師の場合、薬剤師ゆえに受けるストレスもあります。 薬の調剤や製剤などは医師からの処方箋に基づいて行われます...


  • 薬剤師の初任給が一番高いのは調剤薬局っていう噂はウソ?ホント?

    ◆他の職種と比較した際の調剤薬局の初任給 薬剤師の初任給は高いというイメージが強いかもしれません。 その中で調剤薬局に勤める薬剤師の初任給は最も高いと考えられています。 実際にはどうでしょうか。 調剤薬局にお...