• 薬剤師転職サイト.net

あなたは大丈夫?薬剤師がなりやすいうつ病の原因と対策方法

鬱病

1・薬剤師がうつ病になる原因

現代病ともいわているうつ病ですが、薬剤師がなる可能性も高い傾向にあります。

どのような原因があるでしょうか。

薬剤師の約半数は調剤薬局で勤務しているという調査結果があります。

調剤薬局では毎日同じ調剤業務や薬歴管理などを行うことになります。

また調剤室という閉鎖的な環境で同じスタッフと勤務することがほとんどです。

そのため、その独特な職場環境ゆえに心が閉鎖的になることもありますし、同僚やスタッフとの人間関係が上手くいかずにうつ病になってしまうケースも多くあります。
ドラッグストアなどで勤務している薬剤師の場合は曜日や時間帯によって働いているスタッフの顔ぶれは変化します。

また業務内容も調剤業務だけにとどまりません。

こうした理由も調剤薬局に勤める薬剤師がうつ病になりやすい原因かもしれません。

他の理由としてあげられるのは、ミスが許されない仕事内容にあります。

近年は医療ミスに関する死亡事故などが多く取り上げられています。

調剤や製剤を間違ってしまうと、命に関わる事態に陥る可能性もあります。

もちろん、投薬ミスなどは薬剤師一人に責任にはできませんが責任が重くのしかかる環境で長時間働くことがストレスになりうつ病になってしまう薬剤師もいます。


2・うつ病にならないための対策方法

リラックスしている女性

では自分がうつ病になりつつあるとわかったならば、どうすればいいでしょうか。

そのままの環境や状況で働き続ければ、間違いなくうつ病になってしまいます。

一番大切なことは職場環境を変えることです。

自分がどれだけ努力したとしても解決できない問題はあります。

人間関係が上手くいかない場合は、職場を変えることで気分を一新してまた仕事を楽しめるようになるかもしれません。

気を付けたいのは、転職先でも同じ問題を抱えない事です。

それで転職前には一度はしっかりと職場見学などを行い、どのような人間関係で働いているか、どれくらいの人数の薬剤師が働いているかなどをあらかじめ確認しておくことも大切です。

自分の立ち位置がはっきりと分かれば、人間関係に関わるストレスからも軽減されるでしょう。

また「自分にはこの仕事しかできない」と考えるのではなく、未経験であっても新たな業種にチャレンジしてみることができます。

職場環境や業務内容を変えることで今抱えているストレスも解決できるかもしれません。

勿論のことですが、早い段階で病院で診断してもらうことも大事です。

 






最新の記事