• 薬剤師転職サイト.net

薬歴をSOAP形式で書く方法・困っている薬剤師は以外と多い!

薬歴管理

1・SOAP形式とは。

薬剤師の業務内容で必ず行うべきことに、薬歴管理があります。

患者さんにどのような薬が処方されたか、患者さんの様子はどのような感じだったかなどのカルテのようなものです。

最近では、薬歴をsoap形式で記載することがどこの薬局、病院でも主流になってきています。

通常はパソコンなどに入っている電子薬歴のフォーマットをsoap形式に設定することで記載していくことができます。

soapとは、カルテの書式の1つですが、Subjective Data(主観的データ)、Objective Data(客観的データ)、Assessment(分析と評価)、Plan(計画)の頭文字を取ってsoap形式と呼ばれています。

具体的にはSでは、患者さんの訴えや自覚症状などを薬剤師が聞いたとおりに記載していきます。

薬剤師がどう感じたかを記す必要はありません。

Oは検査データや診察所見など患者さんの客観的な情報を記載します。

処方内容に変更が生じた場合や以前の処方内容と比較して出た情報も忘れずに記載します。

そしてAで主観的データと客観的データを分析することで、薬剤師の専門的観点から判断される相互作用や副作用などを書き留めます。

この部分で初めて薬剤師としての知識や観察を記すことになります。

最後のPでは、医薬品の選択や服薬指導の内容など、今後必要とされる対策を記載していきます。

次回への申し送りなども記載することができます。

自分が常に同じ患者さんを担当するとは限りません。

誰が見ても容易に理解できる内容を書き留めることが求められています。

soap形式で薬歴管理をすることで、何がどこに書かれてあるかを誰でもすぐにわかるようになっています。

しかし、実際にsoap形式で薬歴管理を書くことになると何を書いたらいいのかわからないと感じる薬剤師も少なくありません。

2・SOAP形式のメリットとは。

医者と患者

soap形式での薬歴管理を上手に記載して活用するには、患者さんとよくコミュニケーションを図ることで多くの情報を聞き出すことが必要不可欠とされます。

薬剤師が入手できる患者さんの情報量は医師や看護師と比べると非常に限られています。

soap形式の薬歴管理が苦手と感じる薬剤師は情報が無いために何を書いたら良いのか分からないと感じる傾向があります。

慣れるまでには記載に時間がかかり大変かもしれませんが、徐々に慣れるならばそれほど苦労することもありません。

soap形式の薬歴管理をすることで、患者さんの問題点や今後の指針が明らかになり、病院単位で充実した患者さんへの対応が可能になる強みがあります。




最新の記事