• 薬剤師転職サイト.net

薬剤師の処方ミスはなぜおこる?原因と対策を再確認!

不安そうな薬剤師

1・処方ミスが生じる原因とは。

健康を取り戻すために服用するはずの薬が処方を間違えると、逆に健康を害し、最悪の場合生命の危機にまでつながってしまいます。

そのため、薬剤師の仕事は決してミスが許されない仕事です。

しかし残念ながらミスは生じてしまい、時には患者さんが命を落としてしまうケースもあります。

なぜこのような処方ミスが生じてしまうのでしょうか。

最も多い調剤ミスは薬の数量間違いです。

ある薬を1.5mg処方するために1mg1錠と0.5mg錠1錠を調剤するべきところ、0.5mg錠ではなく5mg錠を調剤してしまい服用を続けた患者さんが死亡するケースが生じています。

薬の種類にもよりますが、見間違いが重大な結果になってしまいます。

2番目の例としては薬剤の取り間違えです。

似たような名前があるため紛らわしいのは事実です。

アルマールとアマリール。

アモリンとアモバン。

実際には全く異なる病気に処方される薬剤であるため、取り違いをしてしまうと大変な状況を生じさせかねません。

名前は似ていますが、それぞれの剤形が異なるなどの特徴があるため名前の変更などはされていません。

疑義照会不足も原因となり調剤ミスが生じます。

薬剤の量や種類に疑いがあると、薬剤師が処方箋について医師に疑義照会をします。

その際の確認不足や説明不足が調剤ミスへの繋がってしまいます。

2・処方ミスを防ぐ対策。

処方ミスを防ぐ対策

どれ程気を付けていても、人間である以上ミスは必ず生じてしまいます。

問題は生じたミスをどの段階で防ぐことができるかです。

患者さんの手に渡る前にミスに気付き訂正することができれば、重大な事態を防ぐことができます。

まずできることは、患者さんへの服薬指導の際に一緒に確認することです。

1つ1つの薬の服薬指導をすることで、医師からの処方と合っているかを確かめることができます。

そして誤認が多い医薬品を把握しておくことができます。

調剤ミスが生じてしまう医薬品は限られてきます。

それで警告ラベルなどを作成し薬品棚に掲示しておくことで常に調合ミスに気を付ける意識を持つことができます。

どんなに小さな疑問であっても、徹底的に疑義照会することも大変重要です。

処方箋を記載する医師によって字が読みにくかったりすることがあります。

少しでも疑問に感じた時には必ず疑義照会をして、患者さんの健康を第一に考えるべきです。

常に患者さんと良いコミュニケーションをとっておけば、ちょっとした変化などにもすぐに気が付くものです。






最新の記事