• 薬剤師転職サイト.net

信頼できる求人サイト必見ランキング

錠剤

薬剤師転職求人サイトは、薬剤師の転職活動をしっかりとサポートしてくれる無くてはならない存在になっています。

最近では、薬剤師專門転職サイトを利用して転職をする方が増えていますので、サイトの数もどんどん増えています。 それぞれの転職サイトには、非公開求人案件数・エリア・サポート力などに違いがあります。

 本サイトでは各転職サイトの特徴を比較しやすいかたちでご紹介します。
ご紹介する転職サイトは全て無料で利用できますので、まずは、良いなと思うサイト2社以上に登録してみましょう。
登録しても、そのサイトで転職先を必ず決めなければいけないというわけではありません。
最終的に、自分の転職活動のスタイルに合ったサイトを選び利用する事で、希望条件を満たした転職先をスムーズに見つける事ができますよ。

 転職サイトの活用は、「転職活動に時間をかけられない」「あと一歩転職にふみだせない」「好条件で転職したい」という方には特におすすめです。
上手く活用して、自分にとってより良い転職先を見つけましょう。



薬剤師転職サイトランキング 1-9位


薬剤師の求人倍率

2012年の職業安定局雇用政策課のデータによると、事務員の有効求人倍率は0.17倍。

それに比べて医師・薬剤師の有効求人倍率は5.72倍
という高水準。

薬剤師の職業がいかに売り手市場かわかりますね。

もともと薬剤師という職業は景気の動向に影響を受けにくく、好景気の時でも不景気の時でもあまり求人需要が変わらない職業と言われています。

ただし地域的に見ると、事務員の求人は地方よりも都市部に多いのに対して、薬剤師の求人は都市部よりも地方に多い傾向があります。

一般的な企業よりも地域密着する病院や薬局が職場ですのでそういった傾向があるのでしょう。


転職先を探すときに求人情報誌を利用する人もいますが、ぜひ活用してもらいたいのが、転職支援サイトです。

転職サイトだと、情報の速さが情報誌よりも断然速いうえに、日本全国の転職情報も掲載されていますし、非公開求人など、情報の質、掲載求人数も格段に多く、数千件の情報を扱っているサイトもあるようで、掲載求人数が多ければ多いほど、比較するのにも役に立つはずです。

さらにこのようなサイトでは、従来の個人での転職活動では得られないメリットもあります。

それは転職活動を専門の転職コンサルタント(転職エージェント)のサポートを受けられることです。

転職活動はエネルギーのいる作業です。

求人情報集め、企業の特徴・勤務条件を調べる、面談日時の調整、面談後の条件交渉、書面での条件確認など、これら全てを勤務しながら一人で担うのは大変です。

転職サイトを活用する事で、求人情報の取り集めや、転職の際の調整などを代わりに行ってもらえるので、忙しい方に最適です。

また、業界の転職事情に精通していますので、薬剤師としてのキャリアアップを目指す方や、初めて転職を考える方にもぜひオススメです。

薬剤師の年収

薬剤師の年収は他の職種より比較的高い傾向にあります。

薬剤師の資格は一生使える資格ですが、取得するのに時間と費用がかかりますので、それだけ年収が高いのでしょう。

またその一方では、年収の幅が大きい資格でもあります。

一般的には年収400~600万円程と言われていますが、職種や勤務先によって大きく差があるようです。

基本的には都市部の大企業の給与水準が高いのですが、薬剤師の場合は、地方でも薬剤師が不足しているなどの理由で給与が高いことも。逆に都市部では応募者が多いためか給与水準は落ち着いています。

薬剤師の給与に係る要素として、就業先・職種もあげられます。就業先として主なものとしては、調剤薬局、ドラッグストア、院内薬局、企業薬剤師がありますが、この中で給与水準が最も高いのは企業薬剤師といわれています。

企業薬剤師の仕事には研究職がありますがこれは非常に競争が激しい就業先です。

仕事内容としては研究開発のほかに、医師への薬の営業や治験のコーディネートなどコミュニケーション能力が求められる仕事でもあります。

こうした仕事は通常の情報誌には掲載されていないことが多く、転職サイトが非公開で保有していますので、非公開求人情報を得るためには転職サイトを利用するしかありません。

転職サイトはクライアントの企業から求人広告費を得て運営しているので、求職者は無料で利用できます。

薬剤師の転職サイトで再就職

薬剤師は医薬品についての高い知識と専門性で、今後高齢化社会が進展してく社会において、多くの人に貢献することができる職業です。

健康や医療に対するニーズはますます高くなっていますので、収入も一般企業に勤めるよりも比較的高く、安定してるといえるでしょう。

最近では女性の社会進出も盛んですが、薬剤師という資格は国家資格のため、結婚や出産のブランクがあっても、再就職しやすく、生涯にわたって活躍できる職業です。

とはいえ、医療分野の進展は目覚ましく、あまりブランクが長いと新しい医療技術、新薬、薬事関係などの専門知識についていけず、職種によっては再就職が難しくなるケースもあります。出産、子育て中にもある程度の自主学習も必要かもしれません。

またあらたに登録販売者という資格ができたことも、薬剤師の求人数に影響をあたえています。

登録販売者がいれば第2類及び第3類の一般用医薬品を販売することが出来るようになったので、ドラッグストアなどの薬剤師の求人は減少しているようです。

そのため、多くのドラッグストア勤務の薬剤師の方が調剤のほうに流れてきており、調剤の求人倍率も上がっています。

今後も登録販売者の資格を持つ方は増えると思われますので、薬剤師は登録販売者にはできない調剤や院内薬局など分野でさらに専門性を高めていくことが必要になってきています。




最新の記事